nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

いちごの花が咲いた

スポンサー

いちごの花が咲いた実がそろそろふっくらしてくるの頃です。五年程前からプランター植えてるのですが毎年にいちごが実ります。

f:id:nekohaci:20160407162036j:image
いちご
  • バラ科の多年草
  • いつも食べる赤部分は花托(かたくは被子植物の茎が厚くなりそこから花が育つ)いちごの果実は種子には見えるつぶつぶ。
  • いちごは17世紀にエゾベビイチゴ野生のイチゴを栽培されたのがはじまり本格的に栽培されて200年程
  • 日本には江戸末期オランダから長崎へもたらされたとあるが観賞用程度であった
  • 日本には明治5年フランスより取り寄せ(福羽)という品種で皇室用で庶民の口に入るものでなかった。1960年頃栽培技術が確立されようやく庶民の口に入るようになった。
  • 植え時期  春3月中旬〜5月  秋9月〜10月
  • 収穫 春4月〜5月
  • 乾燥、加湿に弱い水やり重要
  • 花が特に寒さに弱い(冬は寒さ対策藁や遮断ネットなどで土載せる、ビニール鉢カバー)
  • 人工授粉(ハケなどで花粉をつけあげる)やったほうがよさそうですが、やってませんでした。
  • いちごの最初に植えた株毎年次から次に蔓が伸び株が増え、それを株分けして増えプランター4個になってしまった。

先週いちごの肥料と鶏糞を買っていれました。

鶏糞を入れるといちこが甘くなるのです。

一株に一摘み程根元に撒きます

最初は大きないちこが実らずにいたが鶏糞のことを知り使う昨年は30個くらいは実り市販いちごサイズも5〜6個は実りす
水は控えめに土の表面が乾いたらあたえると甘い。
たまに花びらが白なのですがピンク色が幾つか混ざってる、ピンク色は観賞用のようですが観賞用は購入してませんがねぇ。
夏にかけアブラ虫などよけにつにシルバー網ネットをしいて対策
 
 
いちご栄養
楽しみないちごは沢山実るようにちよっとやり方替えよう、

スポンサー