nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

ローズマリーで、アンチエイジング

スポンサー

庭に入るとローズマリーとラベンダーの香りがただよいます。

庭の日当たりの良い場所を陣取っるのはローズマリーとラベンダーが大きな育ってしまいました。
2年前にカットしたのですがローズマリー
毎年でも良さそうです。
ローズマリーの後ろ赤植物はおたふく南天です。
ローズマリー
f:id:nekohaci:20160416155043j:image
  • シソ科ローズマリー
  • 日本名マンネリロウ(迷送香)
  • 原産地 地中海 沿岸地方 
  • 常緑性低木
  • 生葉、乾燥を香辛料や水蒸気蒸留法で抽出した精油も薬として利用。
  • 花も可食。
  • 開花 2月〜10月
  • 植え替3〜4月、9〜10月
  • 肥料4〜5月、9〜10月
  • 茂ってきたら冬前、梅雨時期に刈り込み風通しを良くする。丈夫な植物なので刈り込み強くおこなっても枝が伸びる。
  • 土は選ばないので育ててやすいが水はけのみ注意
  • 放ったらかしでもOK

f:id:nekohaci:20160417004007j:image

ローズの小さな花

効能

若返りのハーブと言われ訳
エリザベート1世が70歳を過ぎ老いのがはじめり健康を害した頃にローズマリーとライムをアルコールにつけ抽出した治療水を利用し若返りを取り戻し20代のハンガリー王子からプロポーズされた。
ハーブティ
  • 緩和な刺激作用に優れた強心剤  心臓の神経障害に効きがある
  • 記憶力や集中力を高める作用
  • 血管を強くし、血行をうなかし新陳代謝を促進させる
  • 細胞の老化を防止する抗酸化作用がある
  • ヒステリーとてんかんを含む神経障害
  • 精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげ効果
妊婦や授乳中の人、高血圧の人は悪影響をおよぼし使用や摂取は控えたほうがよい
外用
  • でリウマチ、筋肉痛
  • シラミ、疥癬、創傷用剤
  • 頭皮の脱毛やフケ、刺激、清浄作用があるため
  • 入浴剤として利用肌がツルツルになる(葉がバラバにらなるので、野菜のネットプラス洗濯ネットに二重にいれてます)
  • リラックス効果
  • 枝の柔らかい部分で丸めてリース

食用として

  • オリーブオイルに漬け込み
  • 肉や魚にしばらく漬け込み焼く
  • 鳥肉ハーブ焼き(1鳥肉にローズマリー葉を大めに刻み、2.パン粉に混ぜ合わせ鳥肉にまぶし、3まぶした鳥肉にオリーブオイルを垂らして漬け込み4.鳥肉を焼く)美味しいですよ。ハーブソルトをプラスでなお旨し。
  • ジャガイモとベーコン炒めにプラスでローズマリーを炒め
乾燥させてクローセットに入れ防虫作用
 
こんな感じで利用しますハーブティは好きでよく飲みます。

 

 
 
スポンサー