読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

ハナミズキの病気はこれからが勝負

スポンサー

ハナミズキが毎年病気なんです。

薬の散布をやってますが何故なのか病気になるのです。
街で見かけるお宅のハナミズキもよく病気なのを見かけるのです、うどん粉病同じ様子病気になりやすいのでしょ。
今年も対策をしなくてはなりません。
 
f:id:nekohaci:20160419152715j:image
 

ハナミズキ(花水木)

  • ミズキ科ヤマボウシ
  • 落葉高木
  • 別名アメリカンヤマボウシ
  • 名前由来 はミズキ属のなかまで花が目立ちことからだそうだ。
  • 原産地アメリカ
  • 開花 4月〜5月
  • 大きくなるので鉢植え不向き庭植え向き
生育
  • 剪定5月〜6月花が終わったあとすぐ節の上で剪定
  • 乾燥に弱い完全を乾燥させてはダメ葉が落ちる、夏は水遣り充分に他の季節は水遣りはさほど必要でない。
  • 西日が強くあたる場所は不向き
  • 植え付け、移植は落葉のあと10月〜11月、2月〜3月
  • 植えどき腐葉土と化学肥料をいれ混ぜた上に株を置き植える
肥料
  • 冬 に遅効肥料、堆肥やボカシを枝下の土の中いれる又は花のあと化学肥料をあたえる
病気と害虫
  • 幹の下おがくずの様なものがあった場合→テッポウムシ
  • うどん粉病 →風通しがわるいとうどん粉になりやすい   5月〜8月に薬剤散布、落葉に病気の葉をきれい処分し来年に持ち越さない
予防
  • 冬期に石灰硫黄合剤を1度散布、越冬している菌を殺菌

治療

  • 発生初期から一週間おきくらいに2回トップジンM、ベンレート、ダコニールズなどを散布します
病気と予防、葉はちゃんと処分して剪定は昨年5月花のあとやってみましたがやっぱりうどん粉病気みたいなんです。
風通しがわるいのですかね?
今年は新しい薬を購入してみました他の植物にも利用できるようです。
先日散布しましたし様子を見てみましょう。
 
 
 
スポンサー