nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

グロリオサ支柱立てをしてあげよう

スポンサー
 

グロリオサは昨年購入し支柱を立てなかったので2、3個の花が咲いたが丈が短いままだった。

 
グロリオサは球根なのですが(落花生を細くした感じです)庭主さんも初めて栽培の花でプランターの中にあるがどれなのがわからないままでした。
ふと庭作業中に落花生らしきものがあり、これは何?
わからないからそのまま埋めておこうと埋めておいたが、おかしグロリオサの花が咲かないあるはずが?
やっと本を取りだしたり、ネットで調べた。
やっぱりあの落花生みたいなやつだ。
今度は見つかりませんので放置あれから一カ月近くたったある日プランターの芽が出て縁に伸びいた。
 
調べるてわかったことはグロリオサは支柱を立てたほうがよい
朝顔の行灯でよいとありますがうちは四角のプランターなので利用出来ないの100均で買った。(立てる前に写真を撮ればよかった)
 
グロリオサの花はまだまだです葉の先が捕まるものを探しています。
もし高さが足りないときもは一本支柱を後で追加で対処しないといけない。
 
 f:id:nekohaci:20160617004245j:image
開花
  • 6月中旬~8月中旬
植え付け
  • 3月中旬~5月中旬
  • 植え付け時粒肥料を混ぜておく
  • 追肥液体を10日間隔くらいで9月まで与える(途中で肥料が切れ黄色くなると休眠に入り球根に栄養不足を防ぐため)
  • 15Cmに1球程度の目安で芽を上に水平に植え付
用土
  • 水はけがよく肥えた土
生育
  • つるが伸びるので茎を紐で結んであげる(誘引)と伸びやすくなる
  • 新芽は柔らかく曲がりやすいので早めに対処すほうがよい、
  • 日当たりのよい場所
  • 多湿に弱い(球根がくさりやすい)
  • 梅雨時期は鉢植えは直接雨がかからないほうがよい
  • 乾燥に弱い過湿でも球根が腐りやすい
  • 土表面が乾いたらみずやり真夏は朝夕行う(日中は蒸れやすくなる)
  • 寒さに弱い
  • 葉茎が黄色く枯れてくると掘り出す乾燥し保管
 球根について(増やし方、植え方)
  • 風通しのよい場所で球根を保管、凍らせないよう注意
  • 秋貯蔵球根は春植える
  • 新たな球根はV字型をしている
  • V字型球根は先端にそれぞれ芽があり、球根の株元から切り離し乾かす(芽はひとつの球根に1個しか出来ないので折れないよう取り扱いに注意)
  • 球根を分球して植える(上記のやり方)
  • 球根は頻繁には増えないので2~3年に1回程度で行う

 

うちのプランターには茎が伸びているものとたぶん芽が出たばかりのものが2個(棒切れで目印しているやつ

買ったときは苗だったし掘り返ししていないないので不明だが球根はいくつあるのかわからない?

 

こりあえず支柱だけしたが誘引してあげてないのでしてあげよう。

 

 

 

nekohaci.hateblo.jp

   

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサー