読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

雨の日はアガパンサスで癒される

スポンサー

すごい雨日和が続きます。

豪雨のための市内放送の声が聞こえるのですが聞こえない。

以前住んでいたところでは高齢者宅には家内に1個スピーカーが配給設置されましたので安心であった。

だが同じ市内ですが設置は無く遠くて聞こえないので耳をすまして聞いていす。

豪雨被害の地域も出ています、誰しも落ち着かない眠れない日が続くます。

そんな中庭にでると雨の晴れ間に咲いていアガパンサス

涼しげな花うっとし雨や暑さが癒される

 

f:id:nekohaci:20160623232019j:image

アガパンサス

ヒガンバナ科の花は人目を引き、どれも豪華でないがきれいです)

二つのタイプ分かれる
  • 常緑種 冬でも葉が枯れないタイプ、耐寒性多少劣る(霜よけすると春からよく育つ)

  • 落葉種 枯れて休眠するタイプ、耐寒性強い

開花
  • 6月~9月
 植え付け
  • 4月~5月  9月~10月 

f:id:nekohaci:20160623232036j:image

用土
  • 路地植え向で植えっぱなしでよい
  • やせた土地でも土地を選ばないさらに育ちやすい
  • 肥料に堆肥を混ぜて植えてあげるとよい
  • 大きく育つので土留めにも利用できる、法面(人工的に作られた斜面)などにもよいてる(庭の道路際にずら~と咲いているのを見かける)
生育
  • 日当たりが良い所、半日陰も育ち可能
  • 鉢植え大きめの鉢に植えたほいがよい、根が張り抜けにくくなる
  • 根の生育が旺盛なので植え替え早めに、一~二年で植え替え
  • 地植えはほったらかしでもよい、育つ株が大きなり広がると株分けしたほうがよい
 

 

株分け、種(増やし方)

 

  • 花が過ぎ切らずにおくと実ができ中にタネできる
  • タネ蒔き育てるとよいが5~6年かかる
  • 手取り早いのが株分け
  • 株分けを細かくわけないほうがよい(株が小さいと花付きや花が咲かないこともある)

一株あるといい花です。

地植えにしたいと考えていますがまだあとでしばらくはプランターで我慢してもらおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサー