nekoはち日記

日常の出来事と花だよりを綴るブログ

久留米の薔薇園と水天宮

スポンサー

 

久留米の石橋美術館の薔薇見学に行ってきました。

久留米の石橋美術館といえばタイヤのブリジストンを思いだす方も多いはずです。

 

以前は石橋財団ブリヂストンの創業者石橋正二郎によって創設)だったそいですが、今は久留米市美術館(くるめしびじゅつかん)は、2016年(平成28年)11月19日に開館した久留米市の市立美術館。旧称「石橋美術館」。なのでした。

 

旧・石橋美術館年表 | 美術館事業 | 公益財団法人 石橋財団

薔薇園や久留米のツツジ祭りは有名なので随分昔に訪れようだったのですが、

記憶になかった。

香る|イベント情報|石橋文化センター | バラフェア

 

昨年はハウステンボスに薔薇を見学に行きましたが歩いて回るのは大変でしたので、

ちょっとハウステンボスより小さな場所庭園を選んでみましたが大正解でした。

薔薇が満開で丁度良かった

さらにコンサートの真っ只中でした。

素敵でした。

なんとびっくりなことに今回バラの期間は無料なのです。

薔薇のアーチやハートのモニュメントが薔薇

沢山の薔薇が香りが良く幸せいっぱいな気分でした。

画伯のアトリエなども時代を感じるとてもよいものでした。

これだけゆっくり見学できるのにバラの期間は無料は素敵です。。

 

薔薇が過ぎると紫陽花と菖蒲です。

昨年も花しょうぶ、あじさい祭りとありますので今年も開催ではないのでしょうか?

 

薔薇のコーナーから歩いてると紫陽花が通路に沢山あったので紫陽花も素敵だと思う。

昨年も花しょうぶ、あじさい祭りとありますので今年も開催ではないのでしょうか?

 

 

近くは久留米温泉ののぼりがあり、ゆっくり出来るのであればお湯に浸かるのも良いかと思います。

 

私は温泉でなく久留米の水天宮さんへお参りしました。

 

ここは水天宮の総本宮のようです。

 

全国総本宮 水天宮

 

 

ここの神様は

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、安徳天皇(アントクテンノウ)、高倉平の中宮(タカクラタイラノチュウグウ)、二位の尼(ニイノアマ)

古事記によれば、天地のはじまりのとき、高天原(神さまの住む世界)に、天之御中主神高御産巣日神神産巣日神の三柱があらわれた。と、あります。

天之御中主神は全てを司る神、中心的で高天原の主宰神であるとかかれある。

天地の初発の時に登場しただけであとは登場しない。

そんなとこからなのでしょうか?

水難、安産の神様、

 

身内に出産間近がいるのです。

その他諸々でお参りしました。

 

筑後川の辺りで夏には花火大会があるので凄い人出になるようです。

 

 

 

スポンサー